25  聚楽第

安土桃山時代 2002年

伝長谷川等伯筆「聚楽第図」(現在行方不明)をもとにしたイメージ復元。
聚楽第は秀吉が京都市中に構えた城。有名だが存続期間は短く、現在ではやっと場所が推定できる程度の謎の城。
具体的な復元資料は、上記の図と「聚楽第図屏風」など、わずかしかない。

投稿者: さちたろう

さちたろう/ かくし絵・迷路絵本&歴史考証イラストレーターの香川元太郎の妻です。 日本画が趣味です。香川GALLERYの管理人です。