685 高城 (新納院)

戦国時代 考証 香川元太郎 1996年 世界文化社

日向には「高城」が複数存在し、区別のために「新納院・高城」とも呼ばれる。
台地先端の要害を利用した城。
大友宗麟と島津氏が激突した第一次高城川(耳川)合戦と、豊臣秀長と島津氏が戦った第二次高城川合戦で、主戦場となる。
いずれも、高城の籠城戦に野戦が加わって大合戦となった。