847 小野路城

戦国時代 考証 西股総生 2019/8 『歴史群像 157 10月号』

町田市の丘陵地帯に城址が残る。戦国時代前期の城で、太田道灌が長尾景春の乱の際に前線基地として築城したとの推定。
復元設定の季節が春だったので、関東の丘陵地で現在もよく見かける山桜や、ミツバツツジ、ヤマブキなども描き入れている。

投稿者: さちたろう

さちたろう/ かくし絵・迷路絵本&歴史考証イラストレーターの香川元太郎の妻です。 日本画が趣味です。香川GALLERYの管理人です。